高級スーツの選び方や着こなすポイントとは?

投稿日

着ている服や腕時計などは、その人の印象を大きく決めるものです。なかでもスーツはそのうちの1つです。そのため、きちんとした場所ではきちんとしたスーツを着ている方が良い印象を抱かれやすくなるといわれています。しかし、最近は安価で良いスーツが増えているため、違いには気づかないと思う方も増えているようです。とはいえ、スーツを着る方ならば1度は高級スーツに憧れたこともあるでしょう。そこで高級スーツの選び方や着こなし方を紹介します。

まず大前提として、自分の体に合わせたサイズ選びをしましょう。特に肩・袖・胸・着丈・ズボン丈が合っているかはとても重要です。肩のサイズ部分では、適切な場合は肩の縫い目部分と肩の端の部部が合うようになります。袖については、長すぎたり短すぎたりする方もいますが、シャツの袖1cm〜1.5見えるのがベストです。また、意外と忘れがちなのが袖の太さです。袖幅がほそければ、エレガントな印象を与えられます。胸部分に関しては、上ボタンを締めたときに握りこぶし1個分の余裕を作りましょう。着丈に関しては短いほうがスタイルが良くみえると思い短くする人も増えていますが、お尻半分が隠れるナガにしましょう。そしてズボンの丈はズボンのシワが1つできる長さが適切です。短すぎるとくるぶしが見えたり、長すぎるとす丈を踏んでしまったりして、せっかくのスーツが台無しになります。

そして先述したとおり、腕時計やベルトも高級スーツを引き立たせる重要なアイテムです。最近はカジュアルな時計やデジタルな時計も増えていますが、アナログ時計がおすすめです。ベルトに関しては革靴とマッチするようになるべく同じ色にしましょう。スーツの色と離れた時計の色はアンバランスであるため、避けておくのがおすすめです。高級スーツだからといって特別工夫をする必要はありませんが、サイズなどの基本的なことは体の大きさに合わせておきましょう。着終わったスーツは長く着れるように畳んで放置はせずに、ハンガーの大きさに合ったハンガーにかけて保管するようにしてください。併せてブラッシングもしておきましょう。他にも同じスーツを着続けないようにすることで、長くスーツを楽しめるようになります。

高級なスーツはとても質の高い生地で作られたものですが、その分デリケートであるためお手入れも重要なことです。だからこそ、適切なお手入れをして長く着られるようにしていきましょう。しかし手入れが難しい場合はスーツのプロへお手入れを依頼しましょう。併せてコツも聞くことで、スーツに関する悩みがぐっと減るはずです。